旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

ネット上で噂の「shirobako 佐倉良樹」について書いてみた!

ノンジャンル

ネット上で噂の「shirobako 佐倉良樹」について書いてみた!
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

『SHIROBAKO』(シロバコ)は、P.A.WORKS制作、水島努監督による、2014年制作の日本のオリジナルテレビアニメーション作品。
2011年制作の『花咲くいろは』に続く「働く女の子シリーズ」第2弾。
制作進行・アニメーター・声優・3DCGクリエイター・脚本家志望としてそれぞれアニメーション業界に入って夢を追う5人の若い女性を中心に、作品の完成を目指して奮闘するアニメーション業界の日常を描く群像劇である。
初回放送はTOKYO MXほかで2014年10月9日から行われ、2015年3月26日までに全24話が放映された。全24話に劇中劇OVA2話を追加したパッケージ版全8巻が2014年12月24日から2015年8月26日までに発売されている。

概要

キャッチコピーは「アニメーション業界の今が、ここにある。」
題名の『SHIROBAKO』は、制作会社が納品する白い箱に入ったビデオテープを指す映像業界の用語である「白箱」に由来する。
白箱は作品が完成した時に関係者が最初に手にすることができる成果物であり、本作は白箱の完成を目指して日々奮闘するアニメ業界の日常を、5人の夢追う若い女性を中心に描いた群像劇である。
本作は2014年8月のコミックマーケット86にてプロモーション映像が初公開され、2014年10月より各放送局とネット配信にて放映が開始された。

1-12話

上山高校アニメーション同好会の宮森あおい、安原絵麻、坂木しずか、藤堂美沙、今井みどりの5人は、いつかもう一度、共に商業アニメーションを作ろうと「ドーナツの誓い」を立てた。
その2年半後、アニメーション制作会社「武蔵野アニメーション」に就職したあおいは、同社7年ぶりとなる元請け作品『えくそだすっ!』に制作進行として携わることとなり、忙しい日々を過ごしていた。
しかし、慣れてきた仕事に慢心するあおいを嘲笑うかのように、次々トラブルが発生する。足りない原画、過労で倒れるスタッフ、こだわりから仕事を増やす監督、社内で対立する2D班と3D班、上がってこない絵コンテ、抜けていくスタッフ。それらのトラブルと向き合いながら、あおいは多くの仲間、先輩に助けられながら、様々な人と出会い、成長していくのだった。
かつて高校の同好会で一緒に作品を作った仲間達もまた、悩みや挫折を抱え、向き合いながら過ごしていた。アニメーターの絵麻は原画マンとしての壁に苦悩し、声優を目指すしずかは役に手が届かず涙を飲む。3Dクリエイターを目指す美沙は現在の自分の居場所の先に理想を見出すことが出来ず、脚本家を目指すみどりは夢に向かって進み続けるあおいたちの姿に焦りを感じ始めていた。彼女達も、各々が先輩や仲間に支えられることで活路を見出し、「あの日の約束」という目標を目指して日々を歩んでいた。
そして、武蔵野アニメーションの『えくそだすっ!』の制作は、最終話という佳境を迎えることとなる。作品は完成を間近にして、絵コンテを実現できないかもしれないという瀬戸際にきていた。納期が刻一刻と迫る中、社内の別ラインで外注の仕事をこなしていたベテランアニメーター・杉江と、社内スタッフの団結と活躍により、無事予定していた形での原画の作業が完成し、仕上げのスタッフに仕事は引き継がれていった。
クリスマスの日、『えくそだすっ!』の白箱は完成する。無事に納品も終わり、打ち上げの席にクリスマスプレゼントとしてラインプロデューサーの渡辺から届いたものは、最終話の白箱。スタッフ一同で最終話を鑑賞し、その一年を締めくくった。

13 - 24話

年は明け、迎えた新年。年の瀬に渡辺、メーカープロデューサーの葛城が映像化権の獲得に動いていた、『第三飛行少女隊』(だいさんひこうしょうじょたい、略称: サンジョ)を武蔵野アニメーションが手がけることが決まっていた。落合、矢野の離脱を受けあおいは異例ながら『サンジョ』の制作デスクに抜擢される。出版社サイドからの要請で秋クール(10月)からの放映となり、初期段階より切迫したスケジュールの中、あおいは引き続き監督を担当する木下と共に二人三脚で制作に取り組むことになる。
制作デスクは基本的にほぼ全ての業務に関わるポジションであり、監督のコンテから作画・動画検査・撮影・3DCGといった制作スケジュール全ての管理、また監督と共に新たな制作スタッフを集めることまで担当する。日々大量の業務に忙殺されながらもそれぞれのポジションから『サンジョ』に関わる元・アニメーション同好会の同期達や春に新規採用された新人スタッフ達と共に制作に邁進していく。 しかしそれぞれの将来を見据えている同期・かつてアニメ制作に挑んでいた先人たちの姿を見ていくうちに、あおいは自分が何をしたいのか迷い始めていた。原作サイドとの軋轢、下請け会社の制作遅延など再び次々発生するトラブルに立ち向かいながら、同時にあおいは自分の行くべき場所を探していく。
最終的に『サンジョ』最終話の制作は放映間際まで遅延し、地方局に制作スタッフが直接納品する事態となるが、各々が無事にテープを納品することに成功する。東京では最終話放送記念パーティーが開かれており、納品したスタッフもそこに合流。その席で、制作デスクだったあおいは木下からスピーチを依頼され、帰路に考えていた自らのこれからの目標を語った。パーティー終盤、5人は「ドーナツの誓い」を新たにするのだった。

佐倉良樹

人物像

アニメーション制作における撮影という行程では、背景とキャラクターの合成や撮影効果の付加などを行い、ムービーに変換する。これはアニメ制作の最終工程に近いセクションである為、制作が逼迫するとその分しわ寄せが来ることが多い。だが作監作業を一時的に止めたことでギリギリになってしまい申し訳なさそうな宮森あおいに対して「いいよー別に、撮影は待つのも仕事だからねー」と返し、「ダビングまであと1時間?何言ってんの、20分あれば余裕だよ」と発言する等、いつでも余裕を感じさせる態度で素早く冷静に仕事をこなしていく。

趣味は折り紙で、作業を待っている間に折ったものがよく机に置かれている。
また妻(名前不明)と息子(佐倉大志郎)がおり、息子は佐倉のことを「パパさん」、母親のことを「ママさん」と呼んでいる。

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
1
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

関連記事

ピックアップ!

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

カテゴリー

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ