憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

話題沸騰中の「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている 比企谷八幡」を調べた結果!

ノンジャンル

話題沸騰中の「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている 比企谷八幡」を調べた結果!
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

プロフィール

誕生日 8月8日
血液型 A型
座右の銘 押してだめなら諦めろ
CV 江口拓也

8月8日生まれ。A型。座右の銘は「押してだめなら諦めろ」。

本作の主人公。総武高校2年F組に所属している男子生徒。作品全体を通しての語り手でもある。雪乃からは「比企谷君」、結衣からは「ヒッキー」(他人に紹介する際は「比企谷君」)、彩加からは「八幡」、優美子からは「ヒキオ」、葉山達からは「ヒキタニ君」(葉山だけは後に「比企谷」)と呼ばれている。

幼少時からずっと友達ができず、周囲からは存在を軽んじられたり、上っ面だけの優しさに裏切られたりしたなどの経験から幾多のトラウマを抱えており、他人からの好意を信じることができなくなったために優しくされても罰ゲームなどで必ず何か裏があると見ており、特に女子に対しては強い警戒心と猜疑心を抱いている。
また、「誰にも愛されず、人間の醜い部分ばかりを見せつけられてきた」という修羅場を長年潜り抜けてきたことから来る経験とそこから来る猜疑心の強さから洞察力は確かなようで、表面的な現象や世俗的な正義のみにとらわれることなく、作中の登場人物の内面や行動の思惑、そのような結果などを良く察知しており、現在では友達を作ることを諦めて「ぼっち」であることを誇りにさえしている。

静には「純粋すぎる」と評され、裏切られ続けた故に建前と同情による交友関係を嫌っており、それで成り立っている関係や行動には否定的であるが、逆に言えばそうしたものがない純粋な友情を尊んでいる。また、自分自身の他人に対する期待や評価が外れていると例え対象の人物が不誠実で自分が不利益を被っても「自分のイメージの押しつけであり自業自得」と割り切って自己嫌悪するなどの内罰的なところがある。
また、前述のトラウマ等により、自分が他人から良いように思われていないと認識しているためか他人の自分自身に対する感情には疎く、結衣の好意や雪乃等の異性から意識されていることに気付いていない。

雪乃とはまた違った意味で切れ者であるために陽乃に"理性の化け物"と言わしめ、静からは"人の性格的特性とその行動の動機を見抜く能力は高い"と評価されており、それ故にその能力に関しては雪乃や葉山からも一目置かれている。
学校では他人と会話をすることが滅多になく、クラスメイトから名前を正しく呼んでもらえないことが少ないことに関しても全く意に介していない。ルックス自体は悪くはないらしいが、静をはじめとする他の登場人物達からは「目が腐っている」や「根性が腐っている」などと言われており、静からは高二病と評されている程で、中学時代には実際に中二病だったと自覚している。

現実の世界で良しとされる正義や人情、友情といった類を全否定し、これまで生きた中で(存在すらも)認めてもらえなかったことから「ぼっちの自分が周囲にとって無価値なものである」との認識を持っており、ヒール役に徹するなどの自己犠牲を厭わない一方で、自分自身の社会的立場の向上に対する執着を全く持っておらず、むしろ周囲からの好意を一切無碍にし、なおかつ人の悪性しか信じない姿勢も相まって雪乃らからは苦々しく思われており、評価も芳しくないために正反対の価値観を持つ葉山とは衝突することもしばしばある。

結衣が自分が助けた犬の飼い主と知った際はその引け目や同情で優しく接してくれていると感じて関係のリセットを試みるが、それでも踏み込んでくる結衣なりの考えを悟ってからはそういった行動を取ることは少なくなる。彼女から好意を抱かれていることに気付いてはいないものの、接触した際に赤面したり、彼女がフリーペーパーの表紙候補にされた際に男子生徒の目に晒されることを想像して不快感を匂わす等の意識しているような描写も見られる。また、彼女の人物像を表現する際は「アホの子」と酷評する一方で、「優しい子」や「素敵な女の子」等と評している辺りでは外見のみならず内面においても魅力的な女性だと感じている様子が伺える。

雪乃に対しては自身と同じような境遇である彼女にシンパシーを感じており、同じような境遇でも自分自身を貫くことが出来る強さを持ち続けている彼女に対して、尊敬の念を持っているが、強い人間であるはずの雪乃が弱さを見せることに幻滅してしまう自分に嫌悪感を持っている。また、クリスマスパーティーの件以降は彼女と視線が合ったり、距離が近くなった際に動揺する等意識するようになった描写がある。

読書が好きで、比企谷家のリビングの蔵書数は結衣が引く程であるが、その知識量もあって学校では文系科目の成績は優秀。特に国語は学年3位となったり、その国語の素養力の高さは雪乃と対等に渡り合える程である一方で、理系科目はかなり苦手であるために数学では学年最下位の9点を取っている。

それなりの大学に進学し、優秀な女性と結婚して働かない、専業主夫として養ってもらうことを将来の夢としており、またMAXコーヒーを好んで飲み、学校から帰ればチバテレビでアニメの再放送を視聴して千葉県横断ウルトラクイズが出来る程の重めな千葉愛にも溢れているが、休日にはプリキュアを視聴して泣いている(小町談)。また、小町と戸塚に対してはかなり甘い面もある。

最初は友人作りや恋愛に真剣に取り組むなどの積極的かつ真っ直ぐな考えを持っていたが、前述にあったいくつものトラウマにより現在の性格へと変わるに至ってしまう。
その後、高校入学の当日に通りすがりの結衣が散歩させていた犬(=サブレ)が車(後にその車には雪乃が乗っていたことが判明する)に轢かれそうになったのを身を挺して助けたために自分が轢かれてしまい、結果として三週間も入院する羽目になる。高校に入学し、二年生へと進級。

そこで「青春とは嘘であり、悪である」と題したこれらを極端に具現化した内容の作文を作成したが、その作文を見た静からは将来を心配された上で猛批判されてしまい、「あの舐め腐った作文の懲罰」という名目で奉仕部に強制的に入部させられて生徒やその関係者からの依頼を当たっていくこととなる。その後は修学旅行において強引な方法で依頼を解決したために雪乃や結衣から自身の考えを否定される形で拒絶されてしまい、結果として部活動自体に亀裂が生じてしまうが、最終的には静に諭されたことや小町から励まされたことをきっかけに自分なりの答えを見つけ出して二人の前でそれを打ち明けたことで和解し、同時に信念を貫きつつもそれ以外の方法で解決するということも考えるようになる。

概要

総武高校に通う高校生。2年F組所属。
自らの置かれた境遇(スクールカースト下層、ぼっち)に対し完全に開き直っており、目と性格が腐っているとよく言われる。

ひょんなことから平塚静に奉仕部へと入れられ、更生のための奉仕活動に従事するはめになる。

人物像

これまでに作った幾多のトラウマにより、常に斜に構えて物事を偏見的に見る高二病的な考えを持つ。それゆえに他人の言葉の裏を読む癖があり、特に好意やフラグ的なものを疑い、内心で予防線を張ってしまう。その割に戸塚や妹の小町に対しては非常に甘く、2人の事には最優先で取り組む。
一方で、貸し借りにうるさい律儀な一面もあるため、小町は「捻デレ」と評している。

将来の夢は「専業主夫」としていて、嫁に養ってもらう前提らしい(ちなみに家事はできない)。
過去には多くのバイトでバックれた経験もあるが、奉仕部の仕事は逃げられないのもあってそれなりにしっかりとやっている。

学業は国語で学年3位を取っているように得意分野は高いのだが、数学は9点で学年最下位と得手不得手が非常にはっきりしている。
その他、大抵の事はそれなりにこなす事が出来る器用さも持ち合わせている。
趣味は読書で、読んでいるのはライトノベルが主だが一般的な小説も読む。
好物は甘いものとラーメンで、MAXコーヒーを愛飲している。

前述の通りぼっちのためクラスでは他人と会話をする機会が少なく、クラスメイトからも殆どが「ヒキタニくん」(正しくはひきがやと読む)で三浦のみ「ヒキオ」と名前を正しく呼んでもらえない。また過去には友達から友達とすら認識されていなかったこともあった。
結衣や戸塚とは比較的親しくなったが、それでも自分から積極的に話しかける事は無い。

奉仕部の依頼でもその性格ぶりから、「斜め下」な解消法を提案する事が多い。
時に汚れ役・憎まれ役的な立ち回りをするため、一見すると自己犠牲的に写るが、実態は他人を信用しないがゆえの行動であり、雪ノ下陽乃はその行動の本質を「自意識の化け物」と評している。

あらすじ

1~5巻

千葉市立総武高等学校に通う高校2年生の比企谷八幡は、入学式当日に交通事故に遭ったせいもあり高校でも友達が出来ず、その結果友達を作ることを諦めて「一人ぼっち」を極めようとしていた。妙な屁理屈をこねながら、ぼっちな高校生活を謳歌しつつリア充を嫌い呪っていた八幡だったが、生活指導担当の教師・平塚静に目をつけられ、「奉仕部」に無理矢理入部させられる。そこで八幡は、校内一の才女として知られる雪ノ下雪乃と出会う。

雪乃は、才色兼備な超人で弁も立つが、八幡と同じく人付き合いが不器用な少女だった。二人は似たような境遇でありながら考え方が根本的に異なり、意見が衝突する。静はそんな二人に対し、どちらがより多く奉仕部に持ち込まれた依頼を解決できるか、という勝負を命じる。その矢先、最初の依頼人であり、八幡のクラスのスクールカーストの上位に属し、八幡への特別な感情が見え隠れする由比ヶ浜結衣もまた、奉仕部に入部することになる。まったく異なる性格と立場の三人は、中二病全開の材木座義輝、テニス部員で男子だが可愛い女子にしか見えない戸塚彩加、何でもそつなくこなすスクールカースト上位の人間である葉山隼人から受けた依頼を次々とこなしていく。

雪乃の正論では行き詰まる問題を、八幡が彼独自の理屈に基づく変則的な方法で解決する。そんな奉仕部の活動を通して、三人の関係は少しずつ良い方向に変わっていく。ところが、八幡が交通事故の際に助けた犬は、結衣の飼い犬であったことが発覚。八幡は、結衣が自分に好意的な行動をとっていた理由が事故に遭ったことへの同情だけだったと考え、その好意を拒み結衣との関係をリセットしようとするが、雪乃のとりなしによりどうにか二人の関係は元に戻る。だが、今度は事故を起こした車に雪乃が乗っていたことが明らかになる。雪乃に対して勝手な理想を押し付けていたことを後悔する八幡と、事故について黙っていたことを気にする雪乃。お互いに負い目を感じ、二人の関係がおかしくなっていく。

6~9巻

表面上は取り繕いながら、しかし決定的に噛み合わない奉仕部の面々。そんな時に、文化祭実行委員長に立候補した相模南から委員長の職務をサポートするよう依頼される。有能とは言いがたい上に委員長としての心構えがどこか欠如している相模に加え、雪乃の姉であり姉妹の確執らしいものがある雪ノ下陽乃が関わってきたこともあり運営は破綻しかけるが、八幡の自己犠牲的な貢献によって文化祭は対外的には無事に終わりを迎え、八幡と雪乃の関係も改善された。

文化祭での行動の結果、悪名を背負うことになった八幡だったが、修学旅行先で葉山グループの恋愛問題の解決を求められることになる。難航の末、文化祭と同様に八幡の犠牲的な行動によってとりあえずの解決をみたが、その対処方法を雪乃と結衣は拒絶し、三人の関係は再び変わっていく。

三人がギクシャクしている中、一年生の一色いろはから、生徒会選挙で望まぬ立候補をさせられたので落選したい、という依頼が奉仕部に舞い込む。またしても犠牲的な解決方法を提案する八幡に対し、雪乃と結衣は反発し、それぞれが自ら会長へ立候補することで解決を図ろうとする。それを目の当たりにした八幡は考えを改め、小町からの依頼という名分を得た上で、策略をもっていろはを説得し、依頼の取り下げに成功する。その結果、いろはは生徒会長に就任した。

一件落着したかに見えたが、立候補を取りやめた後から雪乃の態度がおかしくなってしまう。そんな中、生徒会長となったいろはから、海浜総合高校との合同クリスマスイベントの手伝いを依頼される。雪乃が内心、生徒会長になりたかったのではないか?と考えた八幡は、雪乃を生徒会から遠ざけるため、個人として依頼を受けることにした。

海浜総合高校側と総武高校側の双方に問題があり、イベントの企画は迷走していくが、八幡は自分のやり方に自信が持てなくなっており、対策が打てずにいた。雪乃の問題とイベントの問題が重なり途方に暮れる八幡だったが、静の助言を受け自分を見つめ直すことで問題の整理に成功する。そして、本心をさらけ出すことで三人の関係を修復し、雪乃と結衣の協力によりイベントも無事に終えることができた。

10~11巻

年を越え、一月。3年生進級時の文理選択の進路希望調査が実施された。選択に迷う葉山グループの面々に対し、葉山はなぜか頑なに自分の進路を話そうとしない。3年生でも葉山と同じクラスになりたい三浦優美子は、奉仕部に葉山の進路を調べるよう依頼する。材木座と戸塚の協力を得た八幡は、マラソン大会を利用して葉山の進路を聞き出すことに成功し、依頼を達成する。お互いを意識しつつもかつてのように活動できるようになった奉仕部に満足する八幡だったが、葉山と陽乃からそれぞれ思わせぶりな指摘を受けることになる。

二月になり、バレンタインの依頼を三浦たちから受けた奉仕部は、八幡の提案による生徒会主催の手作りチョコ試食会に協力する。名目が試食とはいえ、目当ての相手に手作りチョコを食べて貰えることに喜ぶ面々だったが、結衣は八幡と雪乃が互いに意識しているかのような様子を見て表情を曇らせる。そんな中、陽乃から現状に対する指摘を受けて三人は戸惑いを見せる。

高校入学試験の前日、母親から雪乃と同居するよう指示を受けた陽乃が三人の前に現われる。姉に逆らった雪乃は帰る場所を無くしてしまうが、結衣の提案で彼女の家に泊めてもらう。その経緯の中で、八幡のアドバイス通りに行動する雪乃に、結衣と八幡は何かを感じる。

次の日、結衣の提案で出掛けることになった三人は水族館で過ごした後、雪乃と結衣の本心を聞いた八幡は、これを「欺瞞だ」と拒否する。そして、彼女なりの決意をした雪乃の依頼を受けることになる。

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
1
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

カテゴリー

月別アーカイブ

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!